聖地巡盃の旅

塩竈コース

[塩竈コース] 海と塩造りの神に見守られた海の幸と港衆の酒が待つ

東日本大震災で大きな打撃を受けながらも、力強く復興への歩みを続ける宮城県塩竈市。海の守り神であり、奥州藤原氏を始め、東北地方の領主から篤い信仰を受けてきた鹽竈神社を訪れ、千年を超える歴史に対峙します。そして、塩竈市の地酒であり、地元のみならず日本を代表する銘酒「浦霞」を醸す(株)佐浦の酒蔵を見学。力強いパワーがもらえそうです。

塩竈エリアについて

島々が点在する日本三景の名所・松島に隣接する宮城県内有数の港町、塩竈市。陸奥国の一宮にして、全国に100カ所以上あるといわれる鹽竈(しおがま)神社の総本社、鹽竈神社の門前町として、漁業の町として栄えてきました。
奈良時代にはすでに創建されていたといわれる歴史のある鹽竈神社。漁業の神、塩造りの神であり、東北各地から海の安全や豊漁祈願に訪れます。同時に、汐の満ち引きから安産の神として、さらには縁結びの神としても知られ、安産祈願やお宮参りなど、地元はもちろん全国から参拝者が絶えません。境内からは港が見渡せ、町を見守っているようです。
神社のある小高い山の麓に広がる町には、レトロな町並みも残るエリアや、一般の人たちも買える塩竈水産仲卸市場と見学だけなら可能な魚市場がある漁業関係のエリアなどがあり、時間があれば少し歩いてみるのもいいかもしれません。

ツアーレポート

1.鹽竈神社 海を見下ろす高台に鎮座する守り神、鹽竈神社 鹽竈神社

起源は奈良時代以前ともいわれる鹽竈神社。地元の人たちからは「しおがまさま」と呼ばれて親しまれ、古くから地元の心の支えとなってきました。(続きを読む)

2.株式会社佐浦 鹽竈神社の御神酒酒蔵。港町に愛される酒を醸す 株式会社佐浦

鹽竈神社から徒歩10分ほどの場所にあり、1724年(享保9年)の創業間もなくから御神酒酒屋として神社にお酒を提供してきた酒蔵。(続きを読む)

3.松島温泉 小松館 好風亭 松島の名所、福浦橋の袂に佇む心づくしの宿 松島温泉 小松館 好風亭

お泊まりは少し足を延ばして、風光明媚な松島へ。気軽に足湯でくつろぎながら眺める風景がことに格別なことでも知られる、小松館好風亭です。(続きを読む)

ツアーレポート

ページのトップへ
  • 石川県能登町編
  • 東北編
聖地巡盃の旅マップ 能登町 恋愛成就ルート 仕事運上昇ルート 巡り会い運上昇ルート
聖地巡盃の旅マップ 東北 塩竈コース 会津若松コース 盛岡コース 八戸コース 弘前コース
聖地巡盃の旅
  • 聖地巡盃の旅「能登町編」トップ
  • 宇出津「恋愛成就ルート」
  • 松波「仕事運上昇ルート」
  • 鵜川「巡り会い運上昇ルート」
  • 聖地巡盃の旅「東北編」トップ
  • 弘前コース
  • 八戸コース
  • 盛岡コース
  • 会津若松コース
  • 塩竈コース

関連サイト

  • 日本酒応援ファンサイト「いいね!日本酒。」
  • 旅の発見
本サイト内の文章、写真、イラスト等を無断で複写、複製、転載することを禁じます。 © Seichi-Junpai. All rights reserved.