聖地巡盃の旅

弘前コース

[弘前コース] 威厳ある恵みの山がリンゴと酒を育む

本州最北端、津軽平野に流麗な姿でそびえる岩木山は、独立峰の美しい姿で人々を魅了すると共に、周囲の田畑や木々を潤す恵みの山です。そして、古くからの信仰の山。領主でさえもその力をいただきたいと願い、弘前城を築城したともいわれます。そして、雪国の厳しさに耐える津軽っこの「じょっぱり」精神を継いだ酒は、なにより地元の人たちが愛する酒。風土と一緒に味わいます。

弘前エリアについて

青森県は、津軽、南部、下北、と分けられます。「弘前」は津軽の中心都市のひとつ。真っ先に思い浮かぶのは、ソメイヨシノの淡いピンク色に染まった弘前城公園でしょうか。春ももちろん美しいところですが、1611年に高岡城として築城された歴史を持つ弘前城を中心として広がる弘前の町は、四季を通じて見どころも多い城下町です。加えて、5つの大学を抱える学術都市。かの太宰治も、旧制弘前高等学校に通い青春時代を過ごした、文化の香り溢れる町でもあります。そんな弘前やリンゴ畑が広がるのどかな津軽平野から仰ぎ見る岩木山は、標高1625m。人々は信仰心と見守られている安心感を感じながら、親しみを込めて「お山」、「お岩木さま」と呼びます。津軽富士とも称される美しさ。実は、時の領主、津軽為信公が町を収める力をもらおうと、その姿が一番美しく見える場所に、として天守閣を建てたとも言われます。

ツアーレポート

1.岩木山神社 岩木山の気が集まる山麓に鎮座する山の守り神 鹽竈神社

岩木山は、てっぺんに頂く3つの小さな山がきれいに並んで見える箇所が最も美しいとされ、社殿越しにその姿が見える場所、南東麓に、岩木山神社の下居宮(おりいのみや/里宮)が鎮座します。(続きを読む)

2.六花酒造株式会社 津軽気質を丸ごと背負い、津軽人に愛される酒 株式会社佐浦

広い敷地に建つ酒蔵は、必要なところは機械化もほどこされ、「じょっぱり」「龍飛」「蔵子」「津軽海峡」とマルチブランドのお酒を生み出しています。(続きを読む)

3.南田温泉 ホテルアップルランド リンゴの恵みを郷土の誇りとして守り続ける湯 松島温泉 小松館 好風亭

リンゴ農家だった先代が地元の人にお湯でゆっくりくつろいでほしいと、日帰り温泉として開業したのがはじまりというアップルランド。(続きを読む)

ツアーレポート

ページのトップへ
  • 石川県能登町編
  • 東北編
聖地巡盃の旅マップ 能登町 恋愛成就ルート 仕事運上昇ルート 巡り会い運上昇ルート
聖地巡盃の旅マップ 東北 塩竈コース 会津若松コース 盛岡コース 八戸コース 弘前コース
聖地巡盃の旅
  • 聖地巡盃の旅「能登町編」トップ
  • 宇出津「恋愛成就ルート」
  • 松波「仕事運上昇ルート」
  • 鵜川「巡り会い運上昇ルート」
  • 聖地巡盃の旅「東北編」トップ
  • 弘前コース
  • 八戸コース
  • 盛岡コース
  • 会津若松コース
  • 塩竈コース

関連サイト

  • 日本酒応援ファンサイト「いいね!日本酒。」
  • 旅の発見
本サイト内の文章、写真、イラスト等を無断で複写、複製、転載することを禁じます。 © Seichi-Junpai. All rights reserved.