神社と日本酒

聖地巡盃コラム 第一講

いつも傍らに、我が町、我が家のお酒と神社

[会津若松コース]

例えば、お正月の初詣で、毎年、最も多くの参拝客を集める明治神宮(東京都渋谷区)。参道を歩いていくとずらりと並べられている酒樽が目につきます。奉納されたその銘柄を見てみると、広く全国から届けられていることが分かります。東京に限らず、全国の著名な神社には広範囲の酒蔵からお酒が納められていることが少なくありません。

そういった全国区の神社とは別に、地元密着側の神社もあります。

いずれにしても、日々のお供えから祭事まで、神社の神事にはお酒がつきもの。「御神酒上がらぬ神はなし」とは、お酒好きの常套句ですが、事実、それほど密接であり、酒蔵は感謝と祈りを込めて神社にお酒を納めます。それは名誉なことでもあるのです。

神社へお酒を納めることを許された、または依頼された「御神酒酒屋」という存在もあります。本来は神社から託された米を使って酒を造り、神社に納めました。御神酒として納めた残りの一部が神社の台所酒に、さらに残ったものが市中に販売できたといいます。御神酒酒屋は1つの神社に1軒ですが、鹽竈神社などのように大きな神社では、突然大量に必要となったり、蔵側の事情で必要量が確保できなかったりすることも考えられます。そのため、複数の御神酒酒屋を持つこともあり、例えば鹽竈神社では3軒あるそうです。

一方、岩木山神社のように、地域全体の酒蔵が3蔵ずつで順番に担当して納めているようなケースもあるそうです。

家庭に於いての神社といえる存在が神棚です。毎朝、米(ご飯)、塩、水をお供えしている家庭も多いと思いますが、年が改まったときや季節の人生の節目などは、そこにお酒を加えてお供えします。もちろん、日々のお供えにお酒を入れても良いのです。お供えして神様の力が加えられたお酒を下げて、いただく。

お供えするお酒のことも御神酒と呼びますが、実は、お供えした後で、ほんとうの御神酒となります。神社でも神職の人たちが神様からの下がりものとして特別な思いでお酒をいただくように、また、お祭りなどの祭事で、神社に一旦納めた御神酒が振る舞われるように、家庭でも御神酒をいただくことで、体の中から清めることになります。

岩木山神社末廣酒造

もどる

ページのトップへ
  • 石川県能登町編
  • 東北編
聖地巡盃の旅マップ 能登町 恋愛成就ルート 仕事運上昇ルート 巡り会い運上昇ルート
聖地巡盃の旅マップ 東北 塩竈コース 会津若松コース 盛岡コース 八戸コース 弘前コース
神社と日本酒
  • 神社と日本酒 トップページ
  • [聖地巡盃 能登町編コラム] 神様に出会う旅 能登町
  • [聖地巡盃コラム 第一講] いつも傍らに、我が町、我が家のお酒と神社
  • [聖地巡盃コラム 第二講] 神社の基本~祭神と名称
  • [聖地巡盃コラム 第三講] 酒造りの神様
  • [聖地巡盃コラム 第四講] 松尾大社に聞く-神社と日本酒、なくてはならない間柄-
  • [聖地巡盃コラム 第五講] 松尾大社に聞く-全国の酒蔵から信仰を集める理由とは?-

関連サイト

  • 日本酒応援ファンサイト「いいね!日本酒。」
  • 旅の発見
本サイト内の文章、写真、イラスト等を無断で複写、複製、転載することを禁じます。 © Seichi-Junpai. All rights reserved.