聖地巡盃とは

神と酒 ~神社と酒蔵で心の奥の日本を呼び起こす旅

山にも木にも、岩にさえも心や魂を感じとり、豊かな自然、優しい自然に畏敬の念と感謝の気持ちをもって暮らしてきた日本人。
八百万の神々に守られて神社の境内で遊び、困った時にも、胸弾む期待にも、ふと気がつくと手を合わせ、お願いごとや感謝の気持ちを伝えていました。
そうして、少しだけ気持ちが軽くなり、少しだけ力が沸いてくるのです。
一方、自然の恵みと人間の工夫が生み出す日本人の命の源、お米。
そして、白い硬い小さな粒が、心を潤し安らぎを与える液体へと変わる、日本酒の神秘。その中には日本人の英知と努力の歴史が込められています。
全く異なる存在に見える神と酒、ですが、実は、八岐大蛇の神話の時代から密接な関係で結ばれていた・・・・・・。
そこに見出すことのできる日本の、そして日本人の心。
そんな「心の奥にある日本」を呼び起こす旅、「聖地巡盃」に出てみませんか。

  • 日本酒テロワール
  • 日本酒マリアージュ
ページのトップへ
  • 石川県能登町編
  • 東北編
聖地巡盃の旅マップ 能登町 恋愛成就ルート 仕事運上昇ルート 巡り会い運上昇ルート
聖地巡盃の旅マップ 東北 塩竈コース 会津若松コース 盛岡コース 八戸コース 弘前コース
聖地巡盃とは
  • 神と酒
  • 日本酒テロワール
  • 日本酒マリアージュ

関連サイト

  • 日本酒応援ファンサイト「いいね!日本酒。」
  • 旅の発見
本サイト内の文章、写真、イラスト等を無断で複写、複製、転載することを禁じます。 © Seichi-Junpai. All rights reserved.